蛇口や配管の水漏れ対策と床チェックの重要性

蛇口や配管の水漏れ対策と床チェックの重要性 家庭内の水漏れトラブルは多種多様ですが、蛇口から水が噴出した際は素人で原状回復するのは困難です。蛇口の構造が複雑化しているので、専門業者に依頼して適合する部品に交換してもらうのが安心できる判断です。水道管が破損した場合は、個人でできることと水道 修理業者に依頼することをしっかり区分けした対応が求められます。たとえば、止水栓を閉めるのは止水栓の場所さえ把握しておけば素人でもできます。業者は千差万別なので信頼できる業者をあらかじめ決めておくといざという時に役に立ちます。トラブルが解消したら濡れた床上を拭きますが、実はそれだけでは不十分なのです。目には見えませんが床材の内部に水分が浸透していることがあるので、この点も専門業者にチェックと対応を依頼することが重要です。

■専門業者なら安心の蛇口トラブル対策

昭和時代の蛇口はクロスハンドルと呼ばれる単純な十字型が大半で、応急修理なら比較的簡単にできました。最近の蛇口は構造が複雑になった分、トラブルが起きると自力で修理することは難しくなりました。中途半端な自己対応では事態を悪化させかねません。
一定の年数が経過して故障した場合は水道 修理の専門店に蛇口交換を依頼した方がいい場合もあります。その際気をつけるべきことは蛇口の型式です。スタイリッシュなデザインや、ノズル機能などの利便性に目が行きがちですが、蛇口には台付きタイプと壁付きタイプがあり基本的に互換性がありません。また取付穴の数が違う場合も取り付けられない可能性が大きいので、専門業者に相談して適合する型式を選ぶことが大切です。蛇口交換工事の際は、同時に水系統全体の水漏れチェックも依頼すると合理的です。

■水道管の漏水は程度によって対応を考慮
日本の水道に関する技術は世界的にみてもハイレベルですが、水道管は基本的に金属が多いので自然劣化は避けられません。また工事ミスや地震などによる接続部の緩みや破損も想定しなければなりません。つまり、いつかは水漏れトラブルは発生するものだという前提で、必要な準備を整えておくことが重要になります。
水道水が突然室内に噴出すると気が動転して適切な対応を取るのが難しくなります。重要なのは、あらかじめキッチンやトイレへの導水をストップする止水栓の位置を把握しておき、水漏れが分かったら速やかに閉めることです。応急措置をしたら水道 修理業者に依頼するわけですが、数ある業者の中から急に選択するのは意外に難しいものです。業者の選択は重要ですので、あらかじめ自治体指定の工事店の中から、自宅に近いとか近隣住民の評判がよいといった情報を集め、連絡先を書いたメモ用紙を冷蔵庫の扉など目立つ場所に張り付けておくと、いざという時に役に立ちます。

■見落としがちな濡れた床の内部や裏部分のトラブル

キッチンなどからの突然水漏れして床が水浸しになってしまうトラブルに見舞われた後は、だれでも床の表面はしっかり拭いて水分を除去します。しかしこれだけでは中途半端な処理になってしまいます。一般的なフローリングの床材は防水コーティングがしてあっても完璧ではありません。年数が経過している場合は床の表面から内部に水が浸透してしまうことがあります。これを放置しておくと黴が発生したり床材が反り返る二次被害が生じる懸念があります。
また床下にある水系統の配管から水漏れすると、床材の裏側から水分が浸透してしまうケースもあります。これは素人では確認することが難しいため発見が遅れることがあります。1年に1回でも水道 修理業者に定期点検を依頼するように決めておけば、目に見えない部分の被害も防げます。

■まとめ
水系統の設備が正常に機能するのは当然と思いがちですが、物である以上経年劣化はしますし、作業の過程で人為ミスをゼロにすることはできません。水漏れトラブルはいつかは起きるものだという前提に立つことが大切です。水トラブルが発生したら、とりあえず素人でもできる対応をリストアップしておくと役に立ちます。最終的には水道 修理業者に修理や部品交換を依頼するのがベストですが、業者選定は慎重に行う必要があります。地方自治体の水道局などが指定工事店を公開していますので、インターネットなどで事前に調べておくと、いざという時に迷うことがありません。水トラブルは心構えが重要になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース