水漏れした床はチェックとメンテナンスが重要

突然水道管のパイプや蛇口から水が噴き出せば、誰でも気づきますので水道 修理の専門業者を呼んでそれ以上水漏れしないように修理を依頼しますが、やっかいなのは居住者が気づかないうちにじわじわ漏水が発生して、いつの間にか床がびしょ濡れになっていたというようなケースです。表面の被害状況は把握しやすいですが、裏側や床下になると視認できないので、放置しておくと思わぬ被害拡大につながることがあります。漏水措置をすれば解決したと思わず、可能な範囲でチェックすることが肝要です。

■濡れた場所を拭くだけでは不完全

キッチンやトイレの床が水漏れで濡れてしまうトラブルはいつ起きるか分かりません。漏水自体は業者に水道 修理を任せるにしても、床については多くの場合居住者が拭き取るだけで済ませることが多いです。
しかし一般的な床材は水を吸います。雑巾ですべて拭き取ったと思うのは勘違いです。特に水漏れに気づくのが遅れた場合、かなりの水分が素材の内部に浸透していることが懸念されます。吸収された水分を放置しておくと、一定期間が過ぎたころにカビが生えたり、フローリングの表面が波打ったような形に変形する不陸という症状が発生するおそれがあります。さらには素材が反り返ったり、はがれてしまうこともあります。このような二次被害を防ぐためには、水漏れの修理と同時に、しっかりと乾燥させることが大切です。

■ 床下の漏水状態を知る定期点検は重要

床下で水漏れが起こった場合表面は濡れていなくても、裏側が水分を吸収しているというケースもあります。これはフローリングの真下に這わせてある給水管などからの漏水や外部からの流入が原因です。水は下に落ちるのだから上部には影響しないと思いがちですが、住宅の基礎の継ぎ目から水分が上昇して床の裏側に到達してしまうことがあります。日常生活では気づくのが難しいので、定期的に水道工事指定店に依頼して床下の漏水チェックを行うことが住宅の劣化を防ぐことになります。

■まとめ
思わぬ水漏れで床が水浸しになるトラブルに見舞われると、表面の水分を雑巾などで拭き取る作業で精いっぱいになり、内部に水分が浸透してしまっている可能性を見落とすことがあります。水漏れの水道 修理を業者に依頼する際には、フローリング素材の内部に水が浸透した可能性があるかどうかの判断を仰ぎましょう。床下の漏水は気づきにくいですし、個人でチェックするのも限界がありますので、専門業者に定期点検してもらうと安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ