蛇口からの水漏れ対策は予備知識が重要

最近の水道の蛇口は性能も良くなりタイリッシュなデザインの製品が増えていますが、それでも故障はあり得ます。蛇口から突然水漏れしたらだれでも気が動転しますので、あらかじめトラブル時の基本的な知識やノウハウを持っておくことが求められます。家中を水浸しにしないために、基本的な構造を知っておき、水漏れや水噴出といった事態が発生したら、自分で対応できるレベルのトラブルなのか、専門業者に蛇口 交換を依頼するべきなのかという判断が大切です。

■知っておくべき蛇口の型式

蛇口のデザインが多種多様であることは素人でもわかりますが、蛇口 交換工事において重要な情報はデザインではなく型式の特定です。型式によって工事内容が異なることがありますし、場合によっては新品を購入しても取り付けが不可能な場合もあるからです。
型式は取り付ける位置で大きく分けて2種類あります。キッチンやトイレに取り付けられている台付きタイプと、浴室やベランダの外壁などに取り付けられている壁付きタイプです。一般的に異なる型式のものを取り付けることはできません。
また台付きタイプは2種類あります。取り付ける天板部分に取り付け穴が1個だけのワンホールタイプと、取り付け穴が2個あるツーホールタイプです。基本的に互換性はありませんので注意が必要です。

■故障する前に交換するという防御法

蛇口の故障による水漏れは、家族が不在時に発生すると大変なことになりますし、家族がいても対応能力がなければ被害は生じます。いかに性能が向上したといっても、人間が作ったものはいずれ壊れたり故障するという前提に立って、一定の年数が経過したら専門業者に依頼して新品に交換することが長期的に見れば賢明な選択です。
蛇口の交換時に水系統のチェックを依頼すれば、プロの目で全体の状態を調べてくれますので、配管の継ぎ目など問題が起きやすい場所の状態も把握できます。素人でもやれないことはありませんが、技術レベルが格段に違いますので工事の確実性を考慮すれば専門家に依頼するほうが心理的にも安心できます。
あらかじめ部品の交換時期を決めておくことも大切ですが、重要なのは信頼できる業者を把握し、いつでも連絡できるように電話番号を分かりやすい場所に控えておくのが生活の知恵です。

■まとめ
水漏れなどのトラブルは、場所によっては自力で修理できることもありますが、蛇口トラブルの場合は専門家に依頼して修理や交換をすることが推奨されます。最近の製品は高機能化と並行して構造が複雑化しているからです。自力でやれば安上がりと思いがちですが、再度水漏れが起きる懸念もあります。二度手間、三度手間になれば時間も費用もかえって高くつきかねませんので、専門業者に蛇口 交換工事を依頼するほうが安心できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ